間違った敬語を使っていませんか

社会人にもなれば、仕事や年上の人に対して丁寧な言い方を心掛けていくのはマナーの1つでもあります。しかし、中には丁寧な言い方をしているようで、間違った敬語を使っている人もいます。こういったことは、相手に対して失礼な言い方にもなりかねないので、正しく理解して身に付けることが肝心です。

特にこれらは、相手や自分の立場から見た言い方や、単に丁寧な言い方としての種類に分かれます。それぞれの意味を充分に理解した上で、上手く会話に取り入れていかなければいけません。よくある間違いとして、尊敬語と謙譲語が入れ替わって使われているパターンです。例えば、「お客様が申しました…」「私がおっしゃったのは…」などです。これらは初歩的な典型ミスとなり、それを言われた相手から心配されることもあるので、まずはその種類を勉強することです。そして、二重敬語にも気を付けなければいけません。よくある例として、「お帰りになられる」などのように、二重になる表現です。この場合は「お帰りになる」というだけで、違和感のないシンプルな言い方となります。こういった間違いに気を付けながら、失礼のない言い方を意識することが大切です。

社会に出れば同じ世代の人や、仲のいい人たちだけで接する機会ばかりではなくなります。間違った言い方をしていればそれを見直し、スムーズに使えるように慣れていくことも、その環境や意識次第で大きく変わってきます。正しい日本語で、相手を安心させられるような言い方が、日本人としてのマナーにもなっています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Powered by WordPress. Design: Supermodne.