相手を敬う気持ちから生まれる

初対面の相手や会社の同僚、上司等、人と接する機会は多いものです。人と接するときに必要なものが敬語やマナーと言われています。新社会人の多くが悩むのも、この2つでしょう。失礼なことがないように事前に勉強をしてきても、本番で思うような結果を出せない人も多いです。相手と接するときに緊張する人は、言葉遣いや動きにとらわれすぎる傾向があるようです。多くの社会人が悩むことですが、基本が分かれば人と会うことが楽しくなるでしょう。

相手を敬う気持ちを持ち、その気持ちが言葉として発せられたものが敬語になります。マナー本等で暗記している人の多くは、自分が知らない言葉や場面が出てきたとき頭が真っ白になるでしょう。相手を敬うことから生まれたものは、暗記して習得できるものではありません。たとえ簡単な言葉であったとしても、相手を敬う気持ちがあれば立派な敬語になります。相手に伝えたいことがあっても言葉が分からない場合、別の言い方を考えるといいでしょう。それでも、その使い方が正しいか自信がない場合は、使わない方が良い結果を生むことが多いです。中途半端な知識で相手を怒らせるよりも、簡単な言葉を使う方が円滑な関係を生みます。難しいことをしようとするのではなく、自分ができる範囲で相手が心地よく聞き取れる言葉を選びましょう。言葉遣いで頑張っている新社会人の姿を見ると、昔を思いだし心の中で応援している先輩達は決して少なくありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Powered by WordPress. Design: Supermodne.